キャッシングの金利(年利・利息)とは?

利息とは、金銭などの使用の対価として、金額と期間とに比例して一定の割合 (利率)で支払われる金銭その他の代替物、利子です。お金を借りる際、 この利息がかかります。
カテゴリ
キャッシングローン情報
キャッシングローン/一覧 (91)


cashing-loanの自由文言1

2006年6月
       
28  

新着エントリ
ローン手数料 キャッシングローン用語集 (10/13)
ローン提携販売 キャッシングローン用語集 (10/12)
ローンカード キャッシングローン用語集 (10/11)
ローン キャッシングローン用語集 (10/10)
利用限度額 キャッシングローン用語集 (10/9)
リボルビングローン キャッシングローン用語集 (10/8)
貸金業者 キャッシングローン用語集 (10/7)
リボルビングシステム キャッシングローン用語集 (10/6)
リボルビングカード キャッシングローン用語集 (10/5)
利息制限法 キャッシングローン用語集 (10/4)
与信 キャッシングローン用語集 (10/3)
融資 キャッシングローン用語集 (10/2)
優遇金利 キャッシングローン用語集 (10/1)
約定返済 キャッシングローン用語集 (9/30)
約定金利/約定利率 キャッシングローン用語集 (9/29)
元利定額リボルビングシステム キャッシングローン用語集 (9/28)
元利均等返済 キャッシングローン用語集 (9/27)
元金定額リボルビングシステム キャッシングローン用語集 (9/26)
元金均等返済 キャッシングローン用語集 (9/25)
元金均等ステップ償還方式 キャッシングローン用語集 (9/24)
申込情報 キャッシングローン用語集 (9/23)
無担保貸付/無担保ローン キャッシングローン用語集 (9/22)
本人確認法 キャッシングローン用語集 (9/21)
法定利率/法定利息 キャッシングローン用語集 (9/20)
変動型金利ローン キャッシングローン用語集 (9/19)
フリーローン キャッシングローン用語集 (9/18)
復権(破産法) キャッシングローン用語集 (9/17)
ビジネスローン キャッシングローン用語集 (9/16)
照会情報 キャッシングローン用語集 (9/15)

新着トラックバック/コメント

cashing-loanの自由文言2

アーカイブ
2006年 (91)
6月 (6)
7月 (26)
8月 (26)
9月 (20)
10月 (13)


アクセスカウンタ
今日:20
昨日:17
累計:398,003


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]




< キャッシングとは? < キャッシングローン人気ラ... | キャッシング/一覧 | キャッシングの返済方法に... > 消費者金融とは?
キャッシングの金利(年利・利息)とは?

1日1回こちらをクリック!あなたに良き事が雪崩のごとく起こりますように!

キャッシングの金利(年利・利息)とは?

利息とは、金銭などの使用の対価として、金額と期間とに比例して一定の割合 (利率)で支払われる金銭その他の代替物、利子です。お金を借りる際、 この利息がかかります。

一般に消費者金融の金利は割高だといわれますが、消費者金融会社では無担保・無保証で融資するためのサービスやコストを考慮 して金利設定しています。もちろん法律に従っていますし、無謀な金利ではないんです。

消費者金融では金利のことを表わすのに「実質年率」という言葉が使われます。
これは1年間借りた場合に元本(借入額)に対してかかる金利の割合を示しています。
消費者金融の場合は利用日数あたりの日割り計算をして金利を割り出すのが一般的です。

金利計算式
金利=「借入額」×「実質年率」÷365×「借り入れ日数」   

【例】
    8月1日に10万円を実質年率29.2%で借りて8月5日に全額返済した場合
         100,000×0.292÷365×5=400   金利は わずか400円となります。


短期で返済した場合はわずかな利息で済み、消費者金融は非常に助かるものなのです。しかし、この10万円を1年間借りたとすると、、返済額は金利を含めると129,200円になります。利子だけで29,200円になってしまいます。


【上限金利】
消費者金融の貸付金利は法律により年利で29.20%までと定められています。いかなる理由でもこれを超える金利を徴収することは許されていないんです。

【延滞金利】
延滞金利は時間の都合がつかなかったなどの理由で返済期日に間に合わなかった場合に発生します。この場合、延滞した日数分は通常の金利とは異なる利率で金利を課せられる事になります。多くの消費者金融会社では延滞金利の利率を法で定められた上限金利の29.20%に設定していることが多いようです。

【利率についての法律】
金利が安ければ返済もしやすくなり、反面金利が高ければ返済困難に陥る恐れもあります。昭和29年に制定された「出資法」では上限金利が109.5%と今では考えられない高金利が定められていました(今でも一部では適用されています)。1983年の法改正まで消費者金融はそれに沿って業務が展開されていた為に返済困難になる消費者が増加、社会問題化したためにその後数回の改正のたびに上限金利の引き下げも行なわれ今に至っています。

■利息制限法
賠償額を法定金利(15.00% 〜20.00%)の1.46倍までと規定されている。

■出資法(出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律)
金利を29.2%までと規制している。出資法の「金利」には、手数料のほか受け取る金銭はすべて金利とみなして包含計算するように制定されており、例えば低金利を謳ってかわりに他の名目での高額な金銭徴収などが出来ないようになっている。金利制限法と違って罰則規定もある。 民法、商法 契約において利率を定めなかったときに適用される利率を制定している。当事者に商人が含まれる時は商法(商事法定利率年6%)が適用され、双方ともに非商人である場合は民法(民事法定利率年5%)が適用される。




[PR]

東京都歯科医院口コミ検索サイト



writebacks(0)
トラックバック(trackback)
TrackBack ping me at:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存